障がい者雇用におけるビジネスマナー

便利アイテム 車椅子の生活

車椅子利用者が意外と良く困る問題、階段って地味に多い。

車椅子利用者は当然ながら階段を上り下りする事は、出来ない人が圧倒的に多いでしょう。理学療法士に支えられながら、ゆっくりと上る事は出来ても、一人だと難しい人、更に怖いのは下りですね。とにかく、一人では階段などは難しい人が多いと思いますし、僕もその一人です。

健常者だった頃は気にもしませんでしたが、エレベーターが設置していない建物って結構多いんですよ。健常者だった頃は階段もエレベーターも何気なく利用していましたから気が付きませんでしたけど。車椅子利用者になってから、エレベーターの重要性が分かってきました。ですが、エレベーターが設置されていない所なんてまだまだあります。意外と多い階段の問題ですが、車椅子利用者になりたての人はどうしようもないと諦めがちです。
でも、エレベーターが無い建物や、構造的な問題でエレベーターが設置できなくても解決する方法があります。

それは、電動昇降機です。

見た事ありませんか?エレベーターを設置しようにも設置できないような時に良く設置してありますね。椅子利用者を車いすごと運んだりする場合は、大きい階段昇降機の場合が多くて、大体人が一緒についてきます。昇降機に乗った車椅子利用者が動かなければ人が付いていなかったとしても、まず問題ありませんけど。

2番目の階段昇降機は駅などが駅舎を建て替える際に、駅舎が建て替わり新しいエレベーター、もしくは新しくエレベーターを設置するまでの間だけ設置する事があります。

最初に紹介したタイプを見た事があるという人は少ないと思います。階段しかない駅をどうしても利用したい場合は前もって伝えておくと、こちらを利用する事になります。

実は家庭用もある

家が2階建て以上の場合に設置する事が出来ます。玄関に設置する事も出来ますが、階段昇降機を設置するくらいならスロープを作った方が早いでしょう。

このタイプは家庭用には向いていませんね。どちらかというと、駅や病院で見守りのスタッフが2人以上いるような場合にしかつかえません。車椅子を運ばないといけませんからね。

車椅子から乗り換えず、自分の車椅子に座ったまま対応可能な車椅子昇降機もあります。しかし、これはどちらかというと送迎者用であったり、外で使う場合が多いと予想されます。車椅子に対応していないような室内には向いていません。

あとがき

車椅子利用者が増えてきて、世間からも認知されるようになってきたこともあると思いますが、車椅子に関連する商品が増えてきた感じがします。僕が車椅子利用者だからでもありますが、もっと便利になると良いですね。
階段昇降機を使う事が無い建物だけになる日が来るのは、いったいいつでしょうか?そんな日が来るかどうかは知りませんけど。

障がい者雇用におけるビジネスマナー

-便利アイテム, 車椅子の生活
-, , , , ,

Copyright© 障がい者は最低賃金でも(がぁ太郎) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.