障がい者雇用におけるビジネスマナー

障がい者

障がい者施設で働く人が抱える悩み

障がい者施設で働く職員はどのような悩みを抱えているのでしょうか?障がい者目線や、障がい者を雇用する人の目線ではなく、障がい者と日々ふれあい、向き合ってくれたり、助けてくれたり、色々とお世話になる障がい者もいるかもしれません。一番障がい者と触れ合うからこそわかる事もあるでしょう。

今後、障がい者施設へ就職や転職を考えている人からすれば、退職理由なども気になるところですね。この記事で障がい者施設での職員が抱える悩みなどを理解して、事前に打開策を考慮しておきたいところです。

障がい者支援施設の職員は長く働く人が少ない

何か所か障がい者支援施設を知っていますが、尋ねると大体新しい職員がいます。更に必ず辞めた人がいます。特徴としては障がい者とは直接かかわらない事務所勤務の人は長く働く人が多いですし、身体障がい者の施設で働く人も長く働く人が多いように思えます。

知的障がい者、精神障がい者が多く入所している施設では、精神的に厳しいのでしょうか、雇用されて1月もしないうちに退職する人が結構います。精神的に厳しい+賃金が低いからでしょうか?10年以上現場で、知的障がい者や精神障がい者に関わっている人を知りません。

人手が不足しているので、学歴とか保有している資格とか関係なく結構高い確率で雇って貰えます。時間の融通も利くかもしれませんね。

障がい者施設で働く人の悩み

多くの職員は「今の仕事に働きがいを感じている」と思う一方で、多くの方が「給与水準等の改善」「達成感のある利用者支援」「職場の雰囲気・人間関係の改善」「精神的・体力的に自信がない」などの改善点を訴えているようです。

全ての悩みを解決する事は難しいですが、人手が不足している状況を改善する事で殆どの問題が解決につながる様にも思えます。

障がい者施設で働く人への疑問

障がい者施設で働く人に対する疑問です。障がい者施設で働こうと思っているけれど、どうしようか迷っている人は参考になれば良いかと思います。

障がい者施設で働くのはキツイの?

この疑問ですが、答えは働く障がい者施設の種類によります。

一番楽なのは、ほとんど手のかからない障がい者施設です。身体障がい者施設で、重度とある程度自立していて、ほっといても一日何の問題も無く過ごす人が多い施設で、後者の方が楽です。そういう所にショートステイしてましたが、夜中にトイレに行くくらいで、後は静かなものです。夜勤の人は楽でしょうね。

知的障がい者や精神障がい者は利用者から暴力を振るわれたり、暴言を吐かれたりするので体力的にも精神的にも耐えられない人は耐えられないかもしれません。どちらかというと、肉体的にきつい場合と精神的にきつい場合とでわかれています。

人間関係ってどう?

上司とうまいことやれる人は、利用者からも好かれている場合が多いので長く続いています。仕事に関して意見が合わないという事もあるでしょう。なんせ、こっちは現場、上司はほとんど事務所にいますからね。たまにヘルプで入る上司もいますが稀です。何処の施設でも、現場に出ない上司は利用者からも、部下の職員からも好かれていないです。現場に出なければ、利用者の事が報告でしか分かりませんからね。

どうすれば解決できるのでしょうか?これは解決策と言うより、何回も話し合うしか方法はありません。上司の勤続年数が長ければ利用者を理解しているかもしれませんけど、基本的に上司の場合は事務所にいる事が多いですからね。一番手っ取り早いのは上司に現場に出てもらう事ですけどね。

同僚との人間関係ですが、利用者にも色々な人がいるように、同僚となる人にも色々な人がいます。自分に合う人や、自分に合わない人がいるのですが、今までの人生でも同じだったはずですから、気にしなくても大丈夫です。

向いている人って、どんな人?

大前提として、ある程度障がい者に対する理解がある人が向いていると思います。家族や親せき、近所に障がい者がいる人は対応に慣れている人が多くて、通常は焦りそうなことでも、割と冷静に対応出来たりするので理解や知識がある人が向いているのではないでしょうか?

勤続年数が長い人ほど、この事に当てはまるケースが多くて、障がい者と触れ合う事で感じるストレスが少ないのではないでしょうか?

施設にもよるのですが、病気や体調の恐れから夜勤などが出来ない場合でも面接の段階で申告すれば意外と問題ない場合があるので、医者による制限がある時などはきちんと申告しておきましょう。

あとがき

今は関係が無いかもしれませんが、どのタイミングで自分と関係がある様になるかわかりません。勤める側かもしれませんし、利用する側になるかもしれません。障がい者施設の数は障がい者の増加に合わせて増えています。このまま増え続ける事でしょう。明日は我が身だと思って少しくらい障がい者施設について知っておくのも良いのではないでしょうか?

障がい者雇用におけるビジネスマナー

-障がい者
-, , , , ,

Copyright© 障がい者は最低賃金でも(がぁ太郎) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.