最低賃金の全国平均以下で働く障がい者

障がい者

障がい者の選挙権って今のままで本当に必要?

時期ではありませんが、たまたま台風などの災害時の避難場所の説明で「あの選挙の時の投票所」と説明している時に選挙権について思う事がありました。現在は当たり前のように障がいがある人でも選挙権について認められていますが、完全に認められるようになったのは、平成25年(2013年)とそれほど昔と言う訳では無く、この時に法律が改正されるまで、成年被後見人(精神や健康の問題から正しい判断が厳しい人)は選挙権を有していませんでした。

結局、裁判までもつれこみ、成年後見開始の審判を受けた人の勝訴で、成年被後見人も成年後見人の付き添いがある場合に投票できるようになりました。

それから、障がい者が選挙に参加する事が当たり前のようになりました。でも、見せかけだけだと思います。

郵便による不在者投票

このシステムが一番意味が分からないですね。

この方法で投票する人は、絶対にテレビはNHKで、ラジオはAMって人が対象です。入院していると部屋のテレビ以外はNHKで固定されているので政見放送を自然と見てしまいます。ですが、入院もしていないのに、NHKばっかり見たり、AMラジオばかっり聞く若い人って日本にどれくらいいますか?その中で、年中デイサービスセンターか家にいる選挙権を持っている人ってどれくらいいるでしょう。

年配の方はともかく、若い人でこの方法で投票している人は深く考えずに投票していると思います。

手続きが面倒

このシステムを利用するためには色々と面倒臭い処理を経なければなりません。

出典:総務省ホームページ

郵便等投票証明書の交付申請
投票に先立って、郵便等による不在者投票をすることができる者であることを証明する「郵便等投票証明書」の交付を、選挙人名簿登録地の市区町村の選挙管理委員会に申請します。
申請に必要な書類は、選挙人が署名をした申請書、身体障害者手帳又は戦傷病者手帳又は介護保険の被保険者証です。郵便等投票証明書は郵便等により選挙人へ送付されます。

投票手続
選挙人は名簿登録地の市区町村の選挙管理委員会に投票用紙・投票用封筒の請求を行います。請求に必要な書類は、選挙人が署名をした請求書、郵便等投票証明書です。投票用紙・投票用封筒は郵便等により選挙人へ送付されます。選挙人は自宅等現在する場所で、投票用紙に候補者名を記載し、投票用封筒に入れた後、その表面に署名して、名簿登録地の市区町村の選挙管理委員会に郵便等により送付します。

こんな面倒臭い事をしないといけないなら投票しなくて良いや。と、思う人も沢山いるでしょう。更に、これらの面倒臭い手続きを経て投票する段階まで進み、いざ投票するためには、投票用紙をポストまで投函しなければなりません。このシステムを利用するくらいですからポストには自力で行けない人でしょう。ただ、最近はポストの数も減っていますから、僕みたいに自宅からポストまでの距離があり、不在者投票の会場の方が近いってパターンもありますけど。

聴覚障がい者の選挙権

聴覚障がい者の人にも例外なく選挙権はあります。基本的に一定年齢に到達しており、何らかの刑罰を受けて公民権が停止されていなければ、全ての日本国民は参政権を有します。もちろん障害者もそうでない人と同様です。

平等を訴える言葉ですね。この文章の続きは、障害を有している場合、参政権を適切に行使するために何らかの適切な支援が必要になることがあります。

この文章を見て疑問があります。手話で街頭演説したり、テレビに出演して話している候補者どころか、総理大臣を見た事がありません。全部ワイプで誰かが手話で内容を訳しています。民放のテレビに出演した候補者や政治家はそのまま話しています。

何度も言っていますが、世の中は健常者中心に組みあがっていますし、世の中を動かしているのは健常者なので、手話が出来なくても構わないのですが、だったら最初から差別しろって思いますね。平等を訴えるなら徹底するべきです。

点字ブロックの上にある自転車で困る視覚障がい者 68054328

視覚障がい者の選挙権

勿論あるんですが、政見放送を聞く事が出来るので候補者に関しては問題ないでしょう。ですが、その人にだけ投票する訳では無いですから。内閣総理大臣って、いつの間にか決まっているイメージ無いですか?アメリカみたいに候補者が各州(日本の場合は各都道府県)を行脚して選びます。(厳密には直接投票じゃありませんけど)

政権を取った党の代表が内閣総理大臣に指名されるようですが、なら、各党の代表が全国行脚したり、政見放送をしてこそだと思います。それこそ、目が見えなければどんな人が党の代表か注意してテレビの音声を聞いてないとなんてわかりませんから。

あとがき

障がいに関係なく、なんでも平等にするのも構いませんが、平等も行き過ぎると、それは本当に平等と言えるのか?って思います。

そして、平等にするなら、その平等を可決した政治に関する報道をする機関、政治家を目指す人、政治家にこそ守って欲しいです。

-障がい者
-, , , , , ,

Copyright© 障がい者は最低賃金でも(がぁ太郎) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.