最低賃金の全国平均以下で働く障がい者

車椅子の生活

「在宅勤務」「在宅ワーク」「内職」それぞれの違い

車いす利用者や障がい者に限らず、外に出る事が大変だったり、かなり厳しい人は自宅で仕事をしたい。出来たら良いなと考える人も少なくはないでしょう。在宅でできる仕事ってハローワークを活用することも出来るので、ハローワークを使っての仕事の探し方を紹介します。

自宅で仕事をするのは一般的に在宅ワークと言いますが、他に在宅勤務と内職が自宅でも出来る仕事です。ハローワーク以外の方法も紹介しています。

自宅で仕事をする

自宅を職場として仕事を(求職)する場合は、自分が個人事業主として仕事をするのか、企業に所属して自宅で仕事をする場合とで、仕事をどうやって見つけるのかが違います。自宅で仕事をする場合であっても種類がありますし、仕事について理解が出来ていなければ「こんなはずじゃなかった」なんて事にもなりかねません。最初に基礎知識として在宅でも可能な仕事の種類について紹介します。

ちなみに、大きく分けて自宅で仕事をする場合は「在宅勤務」「在宅ワーク」「内職」の3種類があり、それぞれの違いは雇用形態の違いです。ハローワークで見つけられるのは「在宅勤務」と呼ばれるものですが、3つの違いを理解するとともに自分が求めるスタイルに合った仕事を選びましょう。

「在宅勤務」とは

在宅勤務は「雇用型テレワーク」とも呼ばれることがあります。会社に出社しないで自宅などのプライバシーを確保できるスペースで仕事をする事を言います。出社しないで仕事をするのですが、契約を結んでいる会社の正社員や契約社員と言う扱いになります。ハローワークを使って探せる在宅での仕事となると、ほぼ在宅勤務の仕事です。応募条件にもよりますがPCを使った仕事がほとんどですから、タイピング程度のPCスキルは必須です。

「在宅ワーク」とは

在宅ワークは「自営型テレワーク」と呼ばれることがあります。会社と働く側の雇用契約がありません。どういう人かと言うとフリーランスや自営業の人で、仕事をするときだけ取引する会社と雇用契約や委任契約のどちらかの業務委任契約を結ぶというスタイルが一般的です。こちらの方が収入は多いかもしれませんが、誰かから仕事を依頼されるようになるまでは自分で仕事を見つける必要があります。

「内職」とは

内職も自宅でできる仕事ですが、今までの2つとは少し違っています。内職も企業と契約を結んで送られてくる部品や材料を組み立てたり、仕様書通りに部品を作り上げたりするものです。基本的に何のスキルも必要ありません。手作業での仕事が多いのですが、成果物に対しての単価が低いのが特徴です。しかし、PCのスキルが不要なのが一般的ですから、誰でも挑戦しやすいというメリットがあります。

在宅・・・の例

在宅での仕事の種類は様々あります。いくつか例を挙げると、先ずはイラストレーター、プログラマー、Webデザイナーなどは特殊なスキルは必要です。企業などと連絡を取り合ったりしながら、顧客のニーズに合った仕上がりのものを納品し報酬を受け取るといったものが一連の流れです。これらの仕事は在宅でもかなり高額な報酬を期待できますが、それなりの実績が無ければ仕事をもらえないといった特徴もあります。

特殊なスキルはないけれど、ある程度PCが触れるというのであれば、ライター(記事作成)、データ入力などの仕事があります。単純な作業ですが、PCに関する特別なスキルは必要ないのでチャレンジし易いのではないでしょうか?特殊なスキルはひつようありませんが、最低でもタイピングが出来なければいけません。

企業によっては封筒の封入やDMの準備などの軽作業系の在宅での仕事やテレアポなど、PCのスキルをまったく必要としないしごともあります。ただ、これらの仕事は仕事と言うよりも作業的な内容となります。更に場合によっては、とんでもなく忙しい時期と、とんでもなく暇な時期と極端です。

お金を稼ぐ方法は案外、いくらでもあるんですね。仕組みについての理解を得るために軽く勉強が必要ですが、投資、株なんかもあります。FXについて難しそうだと思っていませんか?↓から無料ですから手に入れてください。難しそうですが、思っているよりも簡単です。やってみれば自分に合っていて楽しいのかもしれないです。

FX投資マスターガイド無料提供中!(図解オールカラー128ページ

↑無料で出来るので是非

 

-車椅子の生活
-, ,

Copyright© 障がい者は最低賃金でも(がぁ太郎) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.