障がい者雇用におけるビジネスマナー

障がい者

障がい者雇用枠で仕事をするには

障がい者雇用枠で仕事をするためには大前提として障がい者手帳が必要です。と言うよりも障がい者関係のサービスを受ける場合は障がい者手帳が必要となります。障がい者雇用に関してですが、殆どの場合は書類選考時にコピーが必要となるのでコピーを取っておくと良いでしょう。履歴書や職務経歴書と同時に提出する場合が殆どであり、エージェントと面談をする際にもコピーは必要となりますので、障がい者手帳を取得して、一般企業(障がい者雇用枠)で働きたいのならコピーを取っておくと便利です。

ちなみに、障がい者手帳には3種類あり、身体障がい者手帳、療育手帳(発行する自治体によって名称が異なります。)精神障がい者保健福祉手帳の3つで、申請は自治体の役所の障がい福祉課にて行ってください。必要となるものがあるので、わからない人は確認するようにしてください。

障がい者手帳の申請方法等について、詳しくはコチラ

障がい者の就職・転職ならコチラへ相談

障がい者雇用枠で仕事を探すなら自力で探すよりも、エージェントに間に入ってもらった方がスムーズですし、賃金や休みについての交渉などは自分じゃ切り出しにくいですからね。

エージェントの利用はサイトに登録すれば無料で誰でも利用できます。

障がい者雇用枠で仕事を探す際の流れについて解説します。

応募方法については3つ紹介します。

エージェントを使って探す方法を推奨していますが、それ以外の方法について解説します。

ハローワークの障がい者窓口で相談する

ハローワークとは公共職業安定所のことです。公共の施設であり、利用するのは無料です。職業を紹介してくれる職業紹介所です。自治体によってどのような分け方をしているかは分かりませんが、ハローワークには一般の相談窓口と障がい者の相談窓口があり、もちろん取り扱う案件は大きく違います。

障がい者雇用で求職するか、一般雇用で求職するか、迷っているときは総合窓口で相談することも出来ます。窓口で相談するのはどのような人も自由なので障がい者手帳を持っていないけれど、もしかしたら自分は障がい者かもしれないと思っている人も相談する事が出来ます。

地域障がい者職業センターで応募する

障がい者に対する職業リハビリテーションを提供する施設を地域障がい者職業センターと言います。全国47都道府県に設置されており、独立行政法人高齢・障がい者雇用支援機構が運営、ハローワークなどの関係機関と連携を取りながら就職に向けての支援をしている施設です。

障がい者職業センターでは、障がい者に対する職業リハビリテーションだけではなく、雇用主への雇用管理や情報提供などを行っていますので障がい者雇用の一つの課題でもある雇用側の環境整備に重要な役割を担っています。

就労移行支援を利用する

事業所へ数ヶ月~2年の間通うことで、就職までの一連の流れを個別サポートしてくれるのが就労移行支援事業所です。大手の就労移行支援で就職に特化した所や自身の障がいに合った就労移行支援を選ぶようにしましょう。

どの様な事をやるかと言うと、ビジネスマナーやPCスキルのトレーニングといった職業訓練、面接・履歴書対策といった就職活動のサポートに加え、どのような企業が合っているのかを利用者と話し合った上で、求人探しを支援してくれます。就労継続支援A型事業所や就労継続支援B型事業所を併設している場合は、単に就労継続支援サービスまでの期間を消費するだけの場合もあるので注意しましょう。

ちなみに、世帯の年収によって利用料は異なります。利用したいときは市区町村の障がい福祉課の窓口に申し込みましょう。就労移行支援だけの場合、障がい者手帳がなくても利用できる場合もあります。

障がい者雇用枠で仕事をするメリット

企業側も最初から障がい者として雇用しているので、障がいに対しての理解が一定以上あり、通院時間が確保しやすく、何が苦手で何が得意なのかも理解してもらいやすいです。障がい者に対する支援制度なども受けられます。

デメリットとしては、一般枠の人に比べると賃金が低い事に加え、健常者の中に入って働く事になるので、コミュニケーションを取りにくいなどがあげられます。簡単な内容の仕事を回されますから、そのままでやりがいを感じられるとは言えません。

ハローワークでは特例子会社の求人も扱っています。詳しくはコチラに記載していますが、同僚に障がい者しかいないのでコミュニケーションは取りやすいのではないでしょうか?ただ、こちらも簡単な仕事をやっている場合が多いので、やりがいを感じられるかどうかは保障できません。

あとがき

障がい者は絶対に障がい者雇用枠で仕事を探さなければいけないという訳ではありませんが、障がい者雇用枠で仕事を探した方が時にはスムーズかもしれません。

エージェントを使った方が簡単ですが、エージェントを使わないで探す方法もあります。きっと今回掲載している方法が全ての方法ではないはずなので自分に合った方法で求人して下さい。

障がい者雇用におけるビジネスマナー

-障がい者
-, , , ,

Copyright© 障がい者は最低賃金でも(がぁ太郎) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.