障がい者雇用におけるビジネスマナー

障がい者

障がい者雇用と言えど社会人、入社後の気を付けたい身だしなみ

人は見た目からその人に対する第一印象を判断します。それは、ビジネスにおいても、プライベートにおいても同じです。それは、顔立ちが良いとか、背が高いとかではありません。身だしなみは気を付ければ自分でコントロールできます。身だしなみがキッチリとしている人は仕事が出来る人ってイメージを持たせられるので、ビジネスにおける身だしなみについて解説します。プライベートの身だしなみについてはコチラのページをご覧ください。

大きなポイント

身だしなみについての大きなポイントです。パッと見たときに与える印象です。

  1. 服装 男女ともに黒やネイビーのスーツなど濃い色のスーツならどの職種の、どのシーンにも対応できますが、自分の立場に似合わない値段のスーツを着ない事です。先輩ならまだしも、上司よりも良いスーツを着ていると上司に対して失礼です。(上司のスーツの値段にもよりますけど。)
  2. 髪型 奇抜な色やスタイリングは避けましょう。伸ばし過ぎや、伸ばしても手入れがされていないボサボサの髪型は不潔な印象を与えます。
  3. 足元 服装に合った靴を履いているか?スーツを着て、毎日履いている派手なスニーカーとかだと、スーツを着ている印象が台無しです。最後まで手を抜かないように気を付けましょう。

細かく解説

次は細かく解説していきます。

男性

  1. 寝癖がついていないか?
  2. 歯を磨いたり、顔をあらったか?
  3. 髭は剃ったか?
  4. スーツは汚れていないか?
  5. 派手な色のワイシャツやネクタイじゃないか?
  6. ズボンにプレスはかかっているか?
  7. 裾はほつれていないか?
  8. カバンの大きさは適正か?(A4サイズが入るくらい)
  9. 靴はきれいに磨いているか?
  10. ハンカチは持ったか?(トイレの後は必ず手を拭くように)

 

女性

  1. 長い髪の毛はまとめる。(黒いゴムが無難)
  2. ノーメイクや派手なメイクではないか?(ナチュラルメイクが望ましい)
  3. スーツなどが奇抜な色でないか?
  4. アクセサリーで大きなものや目立つものを付けていないか?
  5. スカートの場合、短すぎたり長すぎたりしないか?
  6. パンツスーツの場合、体のラインが出過ぎていないか?裾がほつれていないか?
  7. ストッキングは黒やベージュが主流
  8. 爪の手入れはしているか?派手なネイルではないか?
  9. ヒールを履く場合、ヒールが高過ぎではないか?
  10. カバンの大きさは適正か?(A4サイズが入るくらい)
  11. 靴はきれいに磨いているか?
  12. ハンカチは持ったか?(トイレの後は必ず手を拭くように)

社会人にとって身だしなみを整えるというのは、ビジネスマナーをうんぬん言う前の段階での話です。身だしなみがきちんとしていない人が、ビジネスマナーを守れたところで、身だしなみがきちんとしてなかったという印象しか残りません。

あとがき

障がい者雇用と言えど社会人の一因です。就労継続支援A型事業所や就労継続支援B型事業所とは違います。貰える賃金も違いますが、その分求められるものも違います。

身だしなみを整える事は社会人への第一歩です。

障がい者雇用におけるビジネスマナー

-障がい者
-, ,

Copyright© 障がい者は最低賃金でも(がぁ太郎) , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.