バリアフリー 神奈川県 障がい者手帳が使える施設

障がい者手帳が使える施設、よこはま動物園ズーラシア(神奈川県横浜市旭区)

横浜市は地方都市に比べると大都会ですが、他県と同様に動物園など自然や動物と触れ合える施設もアリ、その中の一つが【よこはま動物園ズーラシア】です。ズーラシアは平成11年(1999年)4月、横浜動物の森公園の中に第1次開園し、その後続々とエリアが広がっています。

平成14年(2002年)7月には「わんぱくの森」とアマゾンの密林ゾーン拡張エリアの「わくわく広場」がオープンします。平成15年(2003年)4月には「アフリカの熱帯雨林」ゾーンの一部を公開しました。平成18年(2006年)4月にはわんぱくの森ゾーン内に「自然体験林」オープンし、平成19年(2007年)4月にアフリカの熱帯雨林ゾーンに「アカカワイノシシ展示場」、わんぱくの森ゾーン内に「ぱかぱか広場」と続々とオープンします。平成21年(2009年)4月にアフリカの熱帯雨林ゾーンに「チンパンジーの森」が誕生しました。そして、平成25年(2013年)4月19日に「アフリカのサバンナ」の一部がオープンすると、平成27年(2015年)4月22日に「アフリカのサバンナ」が全面開園し、ついにズーラシアの全エリアが開園しました。

神奈川県横浜市というと動物園のイメージあまりないかもしれませんが、都会の真ん中でも動物たちに会う事が出来ます。今度の休みに出掛けてみてはいかがですか?

営業時間

9:30~16:30(入園は16:00まで)この時間が基本なようです。ただし、土日祝の入園には事前予約が必要です。

定休日は毎週火曜日(祝日の場合は開園し、翌日休園)と12/29~1/1 ※臨時開園の場合もありますので、詳しくは公式ホームページで確認して下さい。

障がい者割引の対象者と内容

  料金 障がい者割引の適用後
一般 800円 無料
中人・高校生 300円
小・中学生 200円

2021年2月15日時点での料金です。

小学生未満の方は無料となります。

身体障害者手帳をお持ちの方、療育手帳をお持ちの方、愛の手帳をお持ちの方、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、被爆者手帳、戦傷者手帳をお持ちの方と介助者が2名まで全額免除となりますので、手帳を発券所の窓口に提示して下さい。(無料となります。)

バリアフリーに関して

多目的トイレは多数用意されています。段差に関しては詳細がありませんでしたが、多目的トイレの数も多いのでそれほど心配する必要が無い程度の段差であると推測されますが、一人で行動するのは控えた方が良いかもしれません。

交通アクセス

本来なら公共交通機関を使う事をおススメしますが、横浜駅から出発しているバスは1時間に一本程度ですので、車を所持している人は車を使う事をおススメします。

ちなみに、駐輪場は正門と北門の2カ所に設置してあり、利用料金も無料です。

バスの場合

各駅 ⇒JR東海道線、JR横須賀線、JR京浜東北線、京浜急行線、東急東横線、みなとみらい線、相鉄線、横浜市営地下鉄線⇒ どちらにせよ、横浜駅からはバスになります。

横浜駅 西口第3バスターミナル 32番のりば ⇒よこはま動物園行き⇒ よこはま動物園

車の場合

東名高速「横浜町田I.C.」から約15分

保土ヶ谷バイパス「下川井I.C.」から約5分

第三京浜「港北I.C」から約20分

駐車料金は割引にはなりません。

駐車場の用意はありますが、無料ではなく有料です。駐車場に関しては障がい者割引について何かある訳でもないようです。

料金は、乗用車で1日1回 1,000円 バス: 1日1回 2,500円となっていて、2,200台分の確保があります。

どれくらい駐車しているかで、この料金が適正かわかりますね。

必ず事前に確認するようにして下さい

掲載している情報は参考程度にして下さい。もしもお出かけになるのであれば、公式ホームページなどで確定的な情報を得てお出かけになるのをおススメします。

詳しくはコチラをご覧ください。公式ホームページ

-バリアフリー, 神奈川県, 障がい者手帳が使える施設
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 障がい者手帳が使える施設 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.