バリアフリー 神奈川県 障がい者手帳が使える施設

障がい者手帳が使える施設、横浜市金沢動物園(神奈川県横浜市金沢区)

横浜市金沢動物園では、障がい者手帳が使える施設として紹介しているだけではなくて、ここの動物園も今までの動物園とは違う取り組みをしています。動物を生息地別にアメリカ区・ユーラシア区・オセアニア区・アフリカ区の4大陸に分け展示しています。人気者のコアラやゾウを飼育している他、実は希少な草食動物である、アラビアオリックス・クロサイ・インドサイなどの「種の保存」に力を入れています。

動物園だから、動物を眺めるだけと言うわけでもなく、ヤギやヒツジとふれあえる「ほのぼの広場」や、夏季のカブトムシのコーナーもご好評いただいています。また、都会化が進む現代では意外と知らない身近な生物多様性を知ってもらおうと、横浜市内で見られる生きものの展示や、環境活動の取り組みとして、ゾウなどの動物のフンの堆肥化なども行っています。ちなみにゾウは身近な生き物ではありません。

営業時間

動物園 9:30~16:30(最終入園16:00まで)

自然公園(植物区) 9:00~17:00

ののはな館 9:30~16:30

定休日

毎週月曜日(祝日の場合は翌日休園)

年末年始の12月29日~1月1日

植物公園は年中無休だそうです。

障がい者割引の対象者と内容

料金表(動物園入園料)

  一般料金 障がい者割引適用後
大人 500円 全額免除(つまり無料)
中人・高校生 300円
小・中学生 200円
小学生以下 無料

障がい者割引について

身体障がい者手帳、療育手帳、愛の手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆者手帳、戦傷者手帳のいずれかをチケット購入時に窓口で提示する事で本人と介助者二名が全額免除となります。

バリアフリーに関して

屋外型の施設ですから多少の段差はありますが、気にならない程度です。多目的トイレは各所に用意されていますので車椅子利用者も安心して出掛けて問題ないと思います。


ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーの日本語教師養成講座の特徴

教育実習制度が充実しており、外国人に対して実践的な演習ができる

模擬授業やワークショップの機会が豊富にあり、日本語教師に必要な「教えるためのノウハウ」が身につく

その他の日本語学校よりも日本語能力検定試験合格者数が多い(1,600名以上)

日本国内よりも海外で活躍している修了生が多い(世界43か国)

ジョブカウンセラーが在籍しており、就職をサポートしてくれる

ヒューマンアカデミー自体が日本語学校を経営しており、そこへの就職の道もある

今すぐ無料でパンフレットを見る(住所入力無し)

交通アクセス

カーナビを使われる場合は設定をこちらにして下さい。

「金沢自然公園 高速側駐車場」もしくは「金沢自然公園 正面口駐車場」

電車・バスの場合

各駅 ⇒(京急)⇒ 京浜急行金沢文庫駅 ⇒ 京浜急行金沢文庫駅・西口 1番乗り場 ⇒(京急バス「野村住宅センター」行)⇒ 夏山坂上・下車 ⇒(徒歩約6分)⇒ 到着

車の場合

金沢自然公園・金沢動物園の駐車場は正面口駐車場と高速側駐車場があります。

【駐車料金】

普通車・・・・1回につき 600円

バス・・・1回につき 1,800円(要予約)

【台数】450台

09:00~17:00(最終16:30まで)


一般道路(笹下釜利谷道路)から入ることができます。

金沢文庫方面から笹下釜利谷道路を、宮ヶ谷交差点の500m先、左側になります。

障がい者の方に対する駐車料金の全額免除について 

当日に正面口駐車場にいる職員に申し出て、障がい者手帳を提示する事で、全額免除となります。駐車料金を支払うタイミングで良いと思います。

事前に確認するようにして下さい

掲載している情報は参考程度にして下さい。お出掛けになる場合は公式ホームページで確定的な情報を得てから出掛けるようにしましょう。

詳しくはコチラをご覧ください。公式ホームページ

-バリアフリー, 神奈川県, 障がい者手帳が使える施設
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 障がい者手帳が使える施設 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.