バリアフリー 東京都 障がい者手帳が使える施設

障がい者手帳が使える施設、多摩動物公園(東京都日野市)

障がい者手帳を使ってお得に利用する事が出来る施設、多摩動物公園。全国共通でその施設ならではの特色と言いますか、工夫を凝らしたやり方で、来園する人々を楽しませて、また来たいと思わせてくれます。多摩動物公園にもそんな工夫が施されていて、その一つが「動物ガイドブックレット」というものです。

「動物ガイドブックレット」とは、動物の生態を紹介するエリア別のセルフガイドブックです(対象は目安として小学校高学年以上)。動物の生態を独学で勉強するための本のようなもので、このブックレットを片手に動物のしぐさや体の特徴を見る事により、普段気にもしなかったことから発見が得られ、普通では知りえない事を知る事で動物への理解を深めることができます。ちなみに、この冊子は無料でもらう事が出来ます。ご希望の方は「ウォッチングセンター案内所」にお申し出ください。

ガイドツアーも勿論用意してあります。独学が苦手な人はコチラを利用して下さい。ガイドツアーでは、いくつかの動物をテーマにそってご案内します。日によって違う動物のしぐさやみなさんの興味に合わせながら、動物たちを見ていきます。飼育員さんならではの目線で観る事によって意外な発見、さらなる興味が得られることでしょう。

営業時間

09:30~17:00(最終入園、および各種チケットの販売は16:00まで)

動物の健康管理上16:00以降は観る事が出来ない種類もいるので余裕を持って行動しましょう。

また、開園時間と閉園時間はそれぞれ変更となる場合があります。

定休日

水曜日(水曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合は、その翌日が休園日)一部ですが、平日でも水曜日を開園する場合があります。

年末年始(12月29日~翌年1月1日)2日、3日は営業しているようです。

障がい者割引の対象者と内容

料金表

  一般料金 障がい者割引適用後
大人・高校生 600円 無料
中学生 200円
65歳以上(要年齢確認) 300円

身体障がい者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と、その介助者一名は無料です。入園券を購入せず、そのまま券売機先の改札口に進み、手帳を提示することで入園出来ます。

バリアフリーに関して

車椅子やベビーカーのルートというマップがありますから、バリアフリーではない所があるのでしょうが、先へ進めないという事では無いようです。多目的トイレも各所に用意されていますので大きな心配も必要ありません。


SUNNY 強い気持ち・強い愛

1990年代後半の音楽や世界に溢れていて、その頃を知っている人は懐かしく思い、知らない人は新しい発見に繋がります。この映画を観ると、友達の大切さを強く感じる事と、何となく過去の自分を振り返る今の自分と重ねて観てしまいます。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!


交通アクセス

土日祝やシーズン中は道路がかなり混雑しますからなるべく公共交通機関を使う事をおススメします。

電車の場合

各駅 ⇒(京王線・高尾山口、京王八王子行)⇒ 高幡不動駅 ⇒(多摩動物公園行)⇒ 多摩動物公園駅

各駅 ⇒(JR中央線)⇒ 立川駅 ⇒(改札を出る)⇒ 多摩都市モノレール ⇒(多摩センター行)⇒ 多摩動物公園駅

車の場合

国立府中インター(中央道)から(約6km)

八王子インター(中央道)から(約12km)

あきる野インター(圏央道)から(約17km)

横浜町田インター(東名高速、保土ヶ谷バイパス)から(約30km)

となっていますが、多摩動物公園には専用駐車場がありませんので、ご注意下さい。

事前に確認するようにして下さい

掲載している情報は参考程度にして下さい。お出掛けになる場合は公式ホームページで確定的な情報を得てから出掛けるようにしましょう。

詳しくはコチラをご覧ください。

-バリアフリー, 東京都, 障がい者手帳が使える施設
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 障がい者手帳が使える施設 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.